滋賀県若手経営者異業種交流会「わかば会」ブログ

わかば会からのお知らせ

会員更新情報

リンク

えふえむ草津
三縁の会
滋賀アスリート夢クラブ

異業種交流会エンコレ

異業種交流会エンコレについて

異業種交流会エンコレは、2011年から開催している経営者層限定の異業種交流会です。
代表取締役、取締役等役員、個人事業主、発注権限がある部長職等、事業PRだけでなく発注者側としてのコミュニケーションが可能です。

経営者層限定で開催

東京の一般的な異業種交流会は役職の制限が無く半数程度が営業職で一方的な営業を受け、名刺だけ集まり時間の無駄になることが少なくありません。
エンコレでは相互のPRができるように経営者層限定で開催しています。

わかば会とは異なり非会員制のため、継続的な参加により一人ひとりとの仲が深まっていくという点では弱いです。
しかし、毎回約半数が初参加のため、毎回同じ方と会うより新規の繋がりを作ってその中から長く付き合える企業を見つけたいというスタンスの企業にとってはメリットです。

業種は全体的に企業数が多いIT系(システム開発やWEB制作)やコンサルタント、士業等の他、開催回によって大きく異なります。
ビジネスパートナーとしての協業、代理店としての活動に繋がったり、参加者同士で一般社団法人を作って様々な業種で一緒に動くという事例もあります。
当然のことながら初対面で受注に繋げるという事例は多くはありませんが、付き合いが続く中で課題が出た際に発注に至ったという話は多いです。

ビジネスマッチング事例の公開

一部ではありますが、参加者から報告があったビジネスマッチング事例をホームページ内で公開しています。
参加人数だけ公開している異業種交流会が多いですが、みんなで集まって名刺交換をすることが目的ではなく、ビジネスを生み出すための場です。

どの方からの報告かがわからないようにボカした形で記載していますが、一般的な名刺交換会でのビジネスマッチングを求めている方の参考になるのではないでしょうか。

主催者自身の事例も紹介されている点も重要です。
主催者が儲かっていない異業種交流会に参加しても、参加者の利益に繋がることは考えにくいです。
エンコレに限らず他の異業種交流会に参加した際も、実際に主催者と話をしてどのようなビジネスに繋がったのかをヒアリングすることも大切です。

参加ルールの徹底

非会員制の異業種交流会では、目的を隠してネットワークビジネスの方が参加し、後に勧誘をするという不誠実な事例が後を絶ちません。
それに対しエンコレは異業種交流会中に注意喚起をする、勧誘があった際に報告を促すだけでなく、事例の報告があった際には迅速かつ厳格に対応しています。

勧誘した本人に連絡し、今後当日名刺交換した方とは一切接触しないこと、当日の参加者全員に報告をして今後の勧誘目的のアポ取りを遮断すること、登録している会社に苦情を入れ指導させること、等により、今後の拡散を防止しています。

名刺交換会でありながらコミュニケーションを重視

異業種交流会は主催者によって集まる人が変わります。
主催者自身がまずはコミュニケーションを意識するという姿勢のため、異業種交流会も主催者のスタンスに合った雰囲気になります。

経営者が集まるビジネスの異業種交流会と聞くとビジネスライクなコミュニティをイメージしがちですが、発注を目的に参加する人は少ないです。
そのため初対面でビジネスのPRや売り込みをするよりも相手の話を聞く方が成果が出ます。
なぜなら自分に興味を持ってくれる人に興味を持つからです。

まずは相手のことをしっかり理解する姿勢を見せると自然と相手も自分のことを詳しく聞いてくれます。
逆に、そうでない人とはどれだけ長くヒアリングをしても自社の提案しか考えていない人なので、他を当たった方が良いでしょう。

ビジネスの交流とは言ってもまずは人間関係の入口を意識し、好感を持たれることが重要です。
印象が良くなれば色々な質問をしても答えてくれますし、そこからビジネスの課題に関する話題が出てきて提案に繋がるということも少なくありません。
困ったことがあったり探している人脈がいたら一緒に探してくれるようにもなります。

エンコレでは非公式で時々飲み会形式のイベントもやっていたり、参加者同士で企画したりしています。

異業種交流会エンコレの開催情報

・会場
東京都千代田区鍛冶町2-3-2 神田センタービルディング6F クリエクロス神田

・開催ペース
月一回19時00分~21時00分に開催

・異業種交流会エンコレホームページ

異業種交流会|東京・経営者層のビジネス交流会エンコレ

«

ページトップへ