滋賀県若手経営者異業種交流会「わかば会」ブログ

これまでのWakaba-Station

わかば会からのお知らせ

会員更新情報

リンク

えふえむ草津
三縁の会
滋賀アスリート夢クラブ

Wakaba-Station 2017/10 一汁三菜 林 篤徳さん

わかばステーション20171007 一汁三菜 林篤徳さん

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

iPhone,iPad(iOS)用プレイヤー

わかばステーション20171007 

わかば会会員で創るラジオ番組「Wakaba-Station
パーソナリティ:メディアエージェンシー 中桐 龍治
アシスタント:同志社大学大学院2回生 白山浩久
放送局:えふえむ草津(78.5MHz)

Wakaba-Station 今回の出演(10月7日放送分)

今回は、近江商人の掲げる「三方良し」をモットーとする守山市にあるレストラン「一汁三菜」のオーナーシェフ、林さんをゲストとしてお招きしました。
「一汁三菜」は、滋賀で食材の地産地消を目指す、地域密着型のレストランです。
「地産地消」とは、「採れた食材を採れた場所で消費する」という意味の言葉。
これを実践することで、自分たちの住む場所の食べ物がより注目されるようになります。つまり地域活性化の起爆剤になります。
お酒の好きな方なら、飲み屋街で緑色の提灯が下がっているお店を見かけたことがあるかもしれません。あの緑色の提灯は、そのお店が「地産地消」を実践しているという証です。
居酒屋ではないので緑色の提灯こそありませんが、その「地産地消」を実施している「一汁三菜」の魅力を、今回は余すことなく語っていただきました。
林さんはフグ調理師免許も持っている多才な方で、面白い話が沢山聞けました。

そして、見逃し厳禁!空前絶後の、超絶怒涛!お得なキャンペーンのお知らせです!
番組を聞いてお惣菜を1000円以上買ってくださった方から、先着10名様対象にシフォンケーキをホールで1個!!プレゼントしています!
10月限定のキャンペーンなので、少しでも気になったなら今すぐ、琵琶湖カントリークラブ前にある「一汁三菜」を訪れてみてください!

DELI&Cafe 一汁三菜 店舗情報

DELI&Cafe一汁三菜

〒520-3005
滋賀県栗東市御園1889

TEL:077-598-6032

Take out 10:00-18:30
Lunch 11:00-14:00
Tea 11:00-17:00
BAL  17:00-21:00

DELI&Cafe一汁三菜(公式サイト)

【ラジオ収録に参加したインターン生の感想】

株式会社エンカレッジの「働くチカラPROJECT」を通じて株式会社メディアエージェンシーでインターンとして参加しました、同志社大学大学院2回生の白山浩久です。
「地産地消」という試みには、告知にもある通り、その土地で採れる食材に注目を集めるという意味で、地域とそこに住む人の心の距離を縮める力があります。
食事をしなければ、人は死んでしまいます。食べるという行為は、生きるという行為と特に深く結びついた生活の営みであると言えます。
番組内では、林さんにはご自身が作る料理への拘りを語っていただきました。その拘りが、偏に滋賀を生きている人々に生きる力を与えたい、という情熱から来るものだということが、林さんと中桐さんの会話を聞いていてよく分かりました。
「愛国心」なんて言いますが、「クニ」と言ったら本来生まれ故郷や自分が住んでいる場所を指すものです。
「愛国心」という言葉は、滋賀という「クニ」を愛し、滋賀の人に生きる力を与えたいと熱く語ってくれた、林さんのような人のためのものではないかという気がします。

同志社大学大学院2回生 白山浩久


 

放送地域外の方もサイマルラジオ、TuneIn Radioにて、放送日にリアルタイムでお聴きいただけます。

サイマルラジオ

※サイマルラジオを利用するためには、Windows Media Playerが必要です。

http://tunein.com/

TuneIn Radio iOS

この App は iPhone、iPad の両方に対応しています。

 

«

ページトップへ