滋賀県若手経営者異業種交流会「わかば会」ブログ

わかば会からのお知らせ

会員更新情報

リンク

えふえむ草津
三縁の会
滋賀アスリート夢クラブ

【コラム】広告代理店って?

「何をしているのかわからない仕事(会社、人)」

と、言われる事が多々あります。

 

簡単にいえば、

「何かをPR(告知)したい時に役に立つ会社(人)」

と言えます。

 

飲食店なら「飲食」を提供する。

つまり「食べ物」「飲み屋」というわかりやすい説明が出来るかと思います。

 

しかし、飲食店を経営されている方からすれば、

「接客サービスにも自信がある」

「店内の雰囲気、インテリアも楽しんでもらいたい」

等、食べ物や飲み物だけに気を遣っている訳ではないと思います。

(ここにお金の話しやマーケティング、法律等も絡めてくると経営の話しになるのでそれは置いておいて(^^;;)

 

おおまかに広告代理店は、

 

企業(会社やお店)が「商品やサービス」を不特定多数の人に知ってもらいたい時に抱える課題、

・どの商品(サービス)を?

・いくらで?(告知する商品の価格)

・いつ頃?(スポットなのか半永久的なのか)

・商圏(告知する地域)は?

・どの方法で(メディア? イベント? チラシや看板?  等々)

・メディア(媒体。テレビやラジオ、新聞、雑誌、インターネット等)は何を使う?

・予算は?(販売促進に関わる全ての費用)

・効果測定(反響確認)の仕方は?

・メディアとやり取り(ディレクション)する人はいるのか?

・広告物(映像、チラシ、ポスター等)を制作出来る人 or 業者とのやり取りする人はいるのか?

・告知する為の素材(写真、コピー、資料等)は揃っているか?

等々、、

他にもまだまだあると思いますが、

本業(例えば飲食店)の仕事がある方にとって、

さらに上記のような作業を自社(自店)だけで実施する事は本業に影響が出かねません。

自社で販促担当がいると言っても、

広告代理店ほどの販売促進の専門性や、メディアや関連業者(デザイン、印刷、web・映像・音源制作等)

との繋がりが濃いという方は少数かと思います。

 

ハウスエージェンシーと呼ばれる、

自社専属の広告代理店を持っている(契約している)会社もあります。

 

法律は弁護士さん、税務は税理士さんと顧問契約をされるように、

広告代理店とも継続的に専属で契約する事も戦略の一つです。

(士業の方のように、資格や独占業務でもありませんので、

コンサルティング営業(何かのお仕事を戴き、いわゆる無償のコンサル)が多いのが現状ですが。。(^^;;)

 

メディア(媒体)の取次をしていても、

デザインの仕事をしていても、

印刷の仕事をしていても、

webの仕事をしていても、

映像・音源の仕事をしていても、

イベントの仕事をしていても、

キャラクターの仕事をしていても、

求人の仕事をしていても、

PR(告知)に関連する事は全て広告代理店の仕事と言えます。

 

何か一つに特化した方が良いという意見も世間ではありますが、

私個人的には、様々な業務をする事により新しい発想やモノが生まれる事もあり、

このスタイルで仕事をしていく事になると思います。

 

この業界で働きたいという方は、

幅広い知識と人づきあい、スケジュールや人・モノを管理出来る能力も大切です。

 

大手企業では電通さん、博報堂さんといった企業がありますので、

そういった企業の就職を目指すのも良いと思いますし、

各地域や専門分野に絞っている広告代理店もありますので、

それはそれで、自分のやりたい仕事(生き方)が見つかるかもしれませんよ☆

 

【筆者】
わかば会事務局
株式会社メディアエージェンシー 中桐 龍治

 

«

»

ページトップへ