滋賀県若手経営者異業種交流会「わかば会」ブログ

わかば会からのお知らせ

会員更新情報

リンク

えふえむ草津
三縁の会
滋賀アスリート夢クラブ

わかば会会員の履歴書⑤ 西川大輔 氏

【企画趣旨】
わかば会会員の履歴書という企画は経営者個人の経験や考え方等を第三者目線で発信していく為、わかば会に関わる大学生記者に取材・ライティングを実施戴き、「現役大学生から見た地元の若手経営者」の知られざる?一面に触れて行きたいと思います。 企画:わかば会事務局  事務局長 中桐 龍治

スクリーンショット 2018-03-29 17.00.47

 

滋賀コンカップリングパーティー幹事 仲人士

スポーツショップマリオネット

西川 大輔(にしかわ  だいすけ) 氏

 

1978年12月7日生まれ。自分で店を開きたいという夢を持ち続け、様々な業種を経験した後に現在のサッカー、フットサル専門のスポーツショップマリオネットを開いた。

それと並行して、少子化対策として何かできないかと考え、専門学校時代の合コンの経験を活かせないかと思い2009年から滋賀での街コン「滋賀コン」を開催している。

 

(以下、大学生記者の取材に基づいた記事です)

 

今回は仲人士の西川さんにお話を聞いてきました。事前に資料を作ってきてくださるなど非常に親切な対応をしていただき、とても頼もしい方という印象を受けました。

スクリーンショット 2018-03-29 17.02.19

 

・仲人士とは

今回の西川さんは仲人士という資格を持っている方だったのですが、そもそも仲人士とは何なのかという疑問がありました。これは男女の出会いを助ける、婚活ビジネスの信頼性を高めるための資格ということでした。なので、仲人士の資格を持っている人が主催している婚活パーティーは信頼できると言えるようです。

ただ、仲人士の資格があればその仕事だけで生活できるかと言われるとそういうわけではないらしいので、注意が必要だと思いました。

 

・仲人士のやりがい

滋賀コンで出会った人同士で結婚しましたという報告があるのがやはり一番のやりがいと仰っていました。特に、滋賀コンから結婚した人たちでは、まだ離婚したという話も無いらしいのでそういう点でもうまくいっている、もっと頑張ろうという感覚を得ることができるのではないかと思いました。

人と人をつなぐことに幸せを感じる人は特に向いているのではないでしょうか。

スクリーンショット 2018-03-29 17.02.35

 

・集客のための工夫

街コンに参加すること自体ハードルが高いと感じる人もいると思いますが、西川さんの街コンはそもそも金額設定が非常に低く、そういう意味で行きやすいと感じました。

さらに、ヨガをしながら親睦を深めるヨガコンや、~歳以下限定での開催などもされていて、自分の希望に合わせて参加する種類を選べるのがありがたいなと思いました。

スクリーンショット 2018-03-29 17.02.51

 

・最後に

第一印象は出会った瞬間に決まるというのは就活中ずっと聞かされてきた言葉ですが、西川さんの第一印象は非常によいと感じました。終始話しかけやすい雰囲気だったことも大きいのですが、表情がとても柔らかかったのが印象深かったです。さらに、仲人士という人と人を繋ぐ役割をされていることもあってか、質問に対しての答えが120%のもので返ってきたり、次の質問を考えている時間にすかさず話題を提供してくださる等、コミュニケーション能力も非常に高いという印象を受け、ただただすごいと感じました。

婚活に漠然と不安を感じている人も滋賀コンならアフターサービスまでしっかりとしてもらえるので気軽に参加できるのではないでしょうか。

 

記:   取材時 佛教大学 文学部   卒業  船ヶ山 一馬 (2018年4月より広告業界に就職)

 

«

»

ページトップへ